サイトの現在位置
2019年2月27日 更新
消防団マーク
富士吉田市消防団のご案内
決意!自分たちの街は、自分たちで守ります。

消防団員募集!

気づいてほしい・・・
      消防団の本当の姿に。!
 
 阪神・淡路大震災・・三宅島火山噴火・・新潟県中越沖地震・・四川大地震・・岩手宮城内陸地震・・東北地方太平洋沖地震・・頻発する台風による豪雨災害・・ロンドンのテロ騒動・・そして、東海地震・・富士山噴火・・・・・。
 おそらく誰の記憶にも焼きついている・・・そして、発生した災害の拡大を食い止め、命を救い出したのはそこに生活、就労する消防団員だったということを。
 地域を熟知し、動員力と即応力のある消防団の存在。
 私たちは、気づき始めています。

ここに住んでいる。
    ここで働いている。
       だから、守れることがあります。

平成30年度全国統一防火標語

「忘れてない? サイフにスマホに 火の確認」
 もう一度火の元をよく確認し、防止に努めましょう。

住宅防火 いのちを守る 7つのポイント。

───────3つの習慣─────── 
□寝たばこは、絶対にやめる。
□ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
□ガスコンロなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

───────4つの対策───────
□逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器等を設置する。
□寝具や衣類からの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
□火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
□高齢者や身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

◎近況報告

親善ソフトボール大会(令和元年6月23日)
救助用資器材講習会(令和元年6月16日)
普通救命講習会(令和元年6月12,13日)
ポンプ操法大会(令和元年5月26日)
5月ポンプ操法訓練(令和元年5月8,9,10,13日)
4月ポンプ操法訓練(令和元年4月15,16,18,19日)
梨ヶ原火入れ警備(平成31年4月14日_中止)

◎消防団とは?

消防署と同じ?田舎にしかない?消防の素人?消火だけ?・・・では、ありません。

 消火活動はもちろん、地震や風水害など大規模災害時の救助・救出、警戒巡視、避難誘導、災害防ぎょに当たるとともに、平常時には訓練、住民への啓発・広報活動、防火指導、特別警戒等の役割を果たしています。

◎富士吉田市の消防団

富士吉田市消防団の沿革と現勢
主な災害履歴

◎提出書類等について

・入退団に係る提出書類について
・消防団活動事業補助金について
・消火器・消火器格納箱及び消火栓ホース格納箱設置について

掲載内容に関するお問い合わせはこちら
安全対策課
説明:防災計画及び防災会議、災害対策本部、総合防災訓練及び防災思想の普及、国民保護法、自主防災組織の育成指導、防災行政無線の管理及び運用、避難場所の設置及び管理、消防水利施設の設置及び維持管理、消防団との連絡調整、消防団員等の公務災害補償及び賞じゅつ金、火薬類の譲受、譲渡及び消費の許可、防犯、交通安全教育及び交通安全施設の点検、交通安全推進団体の育成、防犯灯に関すること。
〒:403-8601
住所:山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
TEL:0555-22-1111
FAX:0555-22-0703
内線:222