サイトの現在位置
特定健診と特定保健指導
40歳以上75歳未満のすべての被保険者を対象に「特定健診・特定保健指導」が実施されます。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防と改善が大きな目的です。受診者によっては、特定健診の結果に基づき、必要度に応じた保健指導が行われることになります。

特定健診(特定健康診査)とは?

従来の健康診断は生活習慣病やがん等の早期発見・早期治療等を重視して実施してきましたが、平成20年4月からはメタボリックシンドローム※(内臓脂肪症候群)該当者及び予備群を減少させることを目的として実施いたします。
そのため該当者と予備群の方に対しては特定保健指導(積極的支援、動機付け支援)を行います。
特定健診は保健指導の対象者となるかどうかを判断するための健診で、項目は次のとおりです。

■ 検査項目(必須項目)
・既往歴(服薬歴および喫煙習慣を含む)
・自覚症状および他覚症状の有無
・問診・診察・身体測定(腹囲・BMIなど)
・血圧測定
・肝機能検査
・血液脂質検査
・血糖検査
・腎機能検査
・尿検査
・心電図検査など

■ 検査項目(選択項目・詳細な検査)
医師が必要と判断した場合は次の項目も検査が行われます。
・心電図検査
・眼底検査
・血液検査(ヘマトクリット値、血色素量〔ヘモグロビン値〕、赤血球数、クレアチニンeGFR)

※メタボリックシンドロームとは
メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満と高脂血症・高血圧・高血糖などの危険因子が集まった状態をいいます。
このメタボリックシンドロームの危険因子は、小さくてもいくつか重なることによって、動脈硬化から危険な状態へと進展してしまいます。
メタボリックシンドロームは、内臓脂肪に加え、高脂血症・高血圧・高血糖のうち2つ以上含まれるとメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と診断されます。
日本では中高年の男性の2人に1人、女性の5人に1人に見られる症状であり、その数は10,000,000人以上だと言われています。

富士吉田市国民健康保険では、健診を受けた方に助成を行っています。

健診の詳細については、次のページを確認してください。
・集団健診は、こちら(7月~12月頃)
・個別健診は、こちら(12月~3月頃)
・人間ドックは、こちら(年中実施)
・自費で健診を受けている方は、こちら(年中実施)

かかりつけ医で検査や治療を行っている方は、ぜひ富士吉田市へ情報提供の同意をしてください。
特定健診受診率向上にご協力ください。

特定保健指導とは?

特定保健指導は、対象者が健診結果から自らの健康状態を把握し、生活習慣改善のための行動目標を自ら設定・実施できるよう、保健師や栄養士などの専門家による個々人の特性やリスクに配慮した支援を行います。
特定保健指導対象者の選定方法により「動機付け支援」「積極的支援」に該当した方に対し実施されます。
なお、高血圧、糖尿病、脂質異常症で、服薬中のかたは、継続的に医師による健康管理が行われている為、特定保健指導の対象となりません。

■ 動機づけ支援
メタボリックシンドロームによる生活習慣病のリスクが出現し始めているかたが対象です。保健師・管理栄養士から生活習慣改善に必要な実践的な支援が受けられます。

■ 積極的支援
メタボリックシンドロームによる生活習慣病のリスクが重なっているかたが対象です。保健師・管理栄養士から3か月以上にわたって生活習慣改善に必要な継続的な支援が受けられます。

関連情報はこちら
個別健康診断
例年12月~3月頃に実施する、お近くの医療機関で受診できる健康診断です。
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
市民課 国民健康保険室
〒:403-8601
住所:山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
TEL:0555-22-1111
FAX:0555-22-1122
内線:171