サイトの現在位置
2050年までに二酸化炭素排出量実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」に取り組むことを宣言します

二酸化炭素排出量実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ宣言」について

地球温暖化を始めとする気候変動問題は、世界規模での対応が求められている地球上に生きるすべての生き物にとって避けること
のできない喫緊の課題です。わが国においても、集中豪雨や台風等による自然災害の激甚化が近年顕著になってきています。
こうした状況を踏まえ、2015年に合意されたパリ協定では「産業革命期からの平均気温の上昇幅を2度(℃)未満とし、1.5度(℃)
に抑えるように努力する」との目標が国際的に広く共有されました。
また、2018年に公表されたIPCC(国連の気候変動に関する政府間パネル)の特別報告書では、「気温上昇を2度(℃)よりリスクの
低い1.5度(℃)に抑えるためには、2050年までに二酸化炭素の実質排出量をゼロにすることが必要」と示されました。

それを受けて、富士吉田市では2021年2月15日に山梨県の主催で開催された「ストップ温暖化やまなし会議」において、
「ゼロカーボンシティ」を目指すことを表明しました。
自然豊かな富士吉田のまちを次世代に引き継ぐためにも、市民・事業者・行政が一体となって、温室効果ガス(二酸化炭素)の
排出実質ゼロの実現に向けた取り組みを推進していきましょう。

PDFファイルはこちら
ゼロカーボンシティ宣言
ファイルサイズ:105KB
Adobe Readerを入手する
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
環境政策課
説明:地球環境保全対策、環境基本計画の策定及び進行管理、自然公園法、自然保護の施策、市民の省エネルギー対策、新エネルギーの導入及び利用推進、環境美化、公害防止、地下水資源、井戸設置の指導、空き地の雑草除去、環境調査に関すること。
〒:403-0004
住所:山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
TEL:0555-22-1111
FAX:0555-24-2235
内線:475