サイトの現在位置
2020年4月10日 更新
介護職員(特定)処遇改善加算の届出について

介護職員(特定)処遇改善加算について(介護予防・日常生活支援総合事業)

令和2年4月から介護職員(特定)処遇改善加算を算定する以下の法人は、令和2年度(特定)介護職員処遇改善計画書の提出が必要です。
*平成31年度に引き続き令和2年度に介護職員(特定)処遇改善加算を算定する場合も、(特定)介護職員処遇改善計画書を提出する必要があります。
*新たに介護職員(特定)処遇改善加算を算定する場合には、計画書に併せて介護給付費算定に係る体制等に関する届出書の提出が必要です。


提出期限

令和2年4月15日 
※年度途中で加算の算定を開始する場合は、加算の算定を開始する月の前々月の月末までに、提出してください。
※新型コロナウイルス感染症への対応により、期日までの提出が難しい場合については
 ・新型コロナウイルス感染症への対応により期日までの提出が難しいこと
 ・要件を満たし算定を行う介護職員処遇改善又は特定処遇改善加算の区分
上記2点を指定権者である本市へ説明することで4月サービス提供分より、算定することが可能です。この場合、令和2年7月末日までに計画書を提出してください。また、計画書の提出時点において、算定区分が異なる場合等は、過誤処理を行うこととなります。
詳細につきましては、ワムネット内に記載されております介護保険最新情報Vol.813を確認していただくようお願いいたします。
 
※書式については、以下のページにありますので適宜ダウンロードして下さい。