サイトの現在位置
2015年5月25日 更新
富士吉田市ICT部門の業務継続計画(ICT-BCP)<初動版>

 ICT部門の業務継続計画(ICT-BCP)とは

 情報システム部門(ICT部門)において、災害や事故を受けても、重要業務をなるべく中断させず、中断してもできるだけ早急に復旧させるための計画です。


 富士吉田市のICT-BCP(初動版)

 東海地震(震度6弱)を想定し、被災した際の影響、重要システムの選定、システム復旧の行動計画、リスクと対策、インフラの整備状況などを計画としてまとめ、平成27年3月に策定しました。
 なお、本資料は「初動版」として、発災後おおむね72時間以内の初動業務に焦点を当て、当市が最低限取り組むべき事項を明確にしました。


 策定の経緯

 東日本大地震で被災した自治体のいくつかは、情報システムが機能せず復旧に困難を極めました。その教訓から本市でもICT-BCPの必要性を感じ策定に至りました。
 なお、本市のICT-BCP(初動版)は、平成25年5月に総務省から公表された「地方公共団体におけるICT部門の業務継続計画(ICT-BCP)初動版サンプルほか」の資料を参考に作成しました。


 計画

 本市のICT-BCP(初動版)については次の通りです。
 富士吉田市ICP-BCP<初動版>(概要版) (363KB)
 富士吉田市ICP-BCP<初動版>(初版) (912KB)


掲載内容に関するお問い合わせはこちら
財政情報課 情報推進担当
説明:情報化施策の企画及び総合調整、電子計算機の運営及び保守に関すること。
〒:403-8601
住所:山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
TEL:0555-22-1111
FAX:0555-22-0703
内線:310