サイトの現在位置
2020年3月25日 更新
【下水道】社会資本整備総合交付金(重点計画)の事前評価について

社会資本整備総合交付金とは

社会資本整備総合交付金は、国交省の補助金を一本化し地方の自由度を高めた交付金として平成22年度に創設されました。
さらに平成24年度には、事前防災及び安全確保の取り組みに特化した防災・安全交付金が創設されました。

富士吉田市「富士の水資源浄化計画」(重点計画)

本市の下水道事業は交付金を活用し、平成30年度から平成31年度の2年間を計画期間として、
富士山の水資源の安全・安心を実現し富士の麓の快適な暮らしを創造するため、下水道の整備を推進します。
その計画について事前評価を行いましたので結果を公表します。

PDFファイルはこちら
整備計画
ファイルサイズ:7KB
事前評価
ファイルサイズ:3KB
執行状況
ファイルサイズ:27KB
参考図面
ファイルサイズ:632KB
Adobe Readerを入手する
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
上下水道工務課
説明:下水道の予算及び決算管理、公共下水道の使用料、公共下水道の各種調査及び企画、流域下水道の連絡調整、公共下水道の水量調査及び水質調査、水洗化に伴う各種優遇制度、公共下水道排水設備指定工事店、合併処理浄化槽設置補助金に関すること。
〒:403-8601
住所:山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
TEL:0555-22-1111
FAX:0555-23-1767
内線:653