サイトの現在位置
2015年1月6日 更新

 2005年1月1日にスタートした「自動車リサイクル法」とは、使用済自動車(廃車)から出る有用資源をリサイクルして、環境問題への対応を図るための法律です。リサイクルに必要となる費用について、自動車をお持ちの皆さんにご負担していただくことになります。対象は、原則として全ての四輪自動車です(トラック・バスなどの大型車、商用車も含まれます)。



 システムは次のようになります。

車の所有者の方へ
 リサイクル料金の支払いをお願いします。リサイクル料金の支払いをして頂かないと、車検証の交付を受けることができないので、公道を走行することができません。またリサイクル料金を未払いのまま現在使用中の車を廃車することはできません。

リサイクル料金とは?
 リサイクル料金は、車のリサイクルの障害となっているシュレッダーダスト(車の解体・破砕後に残るごみ)・カーエアコン用フロン類・エアバッグ類のリサイクルと適正処理に必要な費用として、自動車メーカーが設定するものです。

リサイクル料金の支払い時期・支払い方法は?
 リサイクル料金は前払い方式を採用しています。

 支払いは、新車販売店や車検時・廃車時の整備事業者などに代行を依頼することができます。


リサイクル料金の具体的な金額は?
 リサイクル料金は、一律ではありません。シュレッダー発生量、エアバッグ類の個数等は車種ごと1台ごとに異なります。自動車メーカーが公表している各社ホームページ、もしくは「自動車リサイクルシステム」http://www.jars.gr.jp/等でご確認ください。

 <参考>リサイクル料金の水準は、こちらから。


中古車売買時のリサイクル料金のやり取りについて
 リサイクル料金のお支払済みの車を中古車として売買するときには、次の所有者から「車輌価格」+「リサイクル料金相当額」を頂きます。その際、車と一緒に「リサイクル券」を次の所有者に譲渡してください。

※リサイクル料金のうち、「資金管理料金(380円または480円)」だけはリサイクル料金を一番最初に支払った所有者の負担になります。

詳しくは、「自動車リサイクルシステムコンタクトセンター」TEL:03-5673-7396に問い合わせるか、
ホームページ「自動車リサイクル促進センター」http://www.jarc.or.jp/をご覧下さい。



<別表>リサイクル料金の水準
自動車のタイプ リサイクル料金の水準
普通乗用車
(エアバッグ類4個、エアコン有)
10,000円~18,000円程度
軽・小型乗用車
(エアバッグ類4個、エアコン有)
7,000円~16,000円程度
中・大型トラック(平ボディー)
(エアバッグ類2個、エアコン有)
10,000円~16,000円程度
大型路線・観光バス
(エアバッグ類2個、エアコン有)
40,000円~65,000円程度

 ※その他、資金管理料金(380円または480円)や情報管理料金(130円)のお支払いが必要です。


掲載内容に関するお問い合わせはこちら
環境美化センター
説明:ごみの収集処理、ごみ処理施設機材等の管理及び運営、ごみの分別収集の企画及び事業の実施、他の地方公共団体との間における受託に伴うごみ処理、し尿処理及びその精算事務、ねずみ及び衛生害虫の駆除、動物の死体処理、し尿の処理、し尿処理施設機材等の管理及び運営、ごみ減量、資源化・リサイクル対策、畜犬登録及び鑑札の交付並びに狂犬病予防注射済票の交付、不法投棄物に関すること、ごみの最終処分地の調査・計画及び推進、廃棄物等の対応に関すること。
〒:403-0002
住所:山梨県富士吉田市小明見3丁目11番32号
TEL:0555-22-0030
FAX:0555-30-4154