サイトの現在位置
農用地区域に含まれる農地の除外手続き(農振除外)について
農用地区域は、農業上の利用を確保するために定められた区域であることから、その区域内にある土地の農業以外の目的(住宅、商業施設、駐車場、資材置場等)への転用は、農振法および農地法によって厳しく制限されています(原則として、非農地または白地農地を利用してください。)。
しかし、やむを得ず農業以外の目的へ転用する必要がある場合は、農振法によって定められた要件を満たす場合に限り、農業振興地域整備計画を変更して、その土地を農用地区域から除外することができます。
このような整備計画の変更が、いわゆる農振除外といわれているものです。

農用地区域に含まれる農地の除外手続き(農振除外申請)ができる場合とは

農用地区域は、農業上の利用を確保するために定められた区域であることから、農業以外の目的に資することにより、他の農地が農業上の利用に支障が生じたり、農業施策の実施の妨げにならないよう、農振法によって、除外できる場合が限定されております。除外の容認については、以下の要件をすべて満たす場合に限られます(申出により、必ず農振除外が容認される訳ではありません)。

※2021年4月現在、申出から容認まで概ね1年程度の期間を要しています(異議申立や審議の状況等によっては更に日数を要する場合があります)。

容認のための5要件について

1.(必要性、代替え性)
その土地を農用地等以外の用途に供することが必要かつ適当であって、農用地区域以外に代替すべき土地がないこと。

2.(集団性、農作業の効率化、農業上の効率的且つ総合的な利用)
農用地区域内における農用地の集団化、農作業の効率化その他土地の農業上の効率的かつ総合的な利用に支障を及ぼすおそれがないこと。

3.(効率的かつ安定的な農業経営を営む者)
効率的かつ安定的な農業経営を営む者の、農用地の利用集積に支障を及ぼす恐れがないこと。

4.(排水路等施設機能)
農業用排水施設や農道等農用地等の保全または利用上必要な施設の有する機能に支障を及ぼすおそれがないこと。

5.(土地改良事業)
土地基盤整備事業(ほ場整備事業等)完了後8年以上経過しているものであること。

個別除外に係る事前審査申出書の受付期間

受付期間■令和3年7月1日(木)~30日(金) 午前8時30分~午後5時15分(閉庁日を除く。最終日が閉庁日の場合は前開庁日まで)

例年、6月~7月ころ受付期間となります。

※農振除外を希望する方は、必ず農林課に事前相談のうえ、事前審査申出書を提出してください(事前相談は随時受付けています。)。
※事前相談の際は、その土地の場所や所有者等が特定できるよう案内図、公図、登記事項証明書、課税明細書等を持参してください。

申請から除外容認までのスケジュール

1.事前相談(事前審査申出書の提出前に必ず農林課へ事前相談してください。)
   ↓
2.事前審査申出書の受付
   ↓
3.事前審査
   ↓
4.農用地利用計画変更の時期について山梨県との協議
   ↓
5.本申請の受付(事前審査申出書の提出がない場合は、本申請の受付はできませんのでご注意ください。)
   ↓
6.農業委員会等の意見聴取
   ↓
7.山梨県との協議
   ↓
8.現地調査
   ↓
9.農振法第11条に基づく公告縦覧
   ↓
10.異議申立ての受付
   ↓
11.農振法第8条第4項による山梨県との変更協議
   ↓
12.山梨県の計画変更同意
   ↓
13.農振法第12条に基づく公告縦覧

掲載内容に関するお問い合わせはこちら
農林課
説明:農畜産業及び林業の基本的構想及び計画・振興、農作物災害及びその予防、農地、水田の総合的な利用計画、農業関係団体等、内水面漁業、治山施設及び林道の新設及び改良並びに管理、市有林の管理及び育成、森林の利用活用及び資源開発、林地の開発に伴う指導、保安林、鳥獣の保護、火入れの許可、森林組合との連絡調整、土地改良事業の計画及び実施、農道及びかんがい用水路の新設、改良及び管理、農地及び農業用施設の災害及びその予防、農業用水利に関すること。
〒:403-8601
住所:山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
TEL:0555-22-1111
FAX:0555-22-0703
内線:411