サイトの現在位置
2019年4月24日 更新
学校給食献立表(データ放送用テストページ)

 
 
1月14日(火) 1月15日(水) 1月16日(木) 1月17日(金) 1月20日(月)
【献立】
バターロールパン
えびカツ(ソース)
野菜のイタリアンソテー
ミネストローネ
牛乳
りんご

【解説】
3学期が始まりました。寒い日が続きますので、「早寝早起き」をこころがけ「朝ごはん」をしっかり食べて登校しましょう。今日の主菜はえびカツです。エビは縁起の良い食べ物といわれています。これは、エビの姿から「腰が曲がるまで長生きできますように」との意味があります。
【献立】
麦ごはん
餃子
チンジャオロース
中華風わかめスープ
牛乳
いちごゼリー
  
【解説】
しょうがやにんにくは、体をあたためる効果があります。寒い冬の時期はからだが冷えることで免疫の働きが弱くなります。スープや鍋物など、あたたかいものを食べて体の中からぽかぽかにして、かぜに負けない体を作りましょう。
  

 
【献立】
ソフトフランスパン(はちみつ&マーガリン)
鮭のムニエル
ほうれん草とコーンのソテー
野菜のクリームスープ
牛乳
 
【解説】
今月紹介するフランス料理は、「さけのムニエル」です。「ムニエル」とは、魚の切り身に塩こしょうで下味をつけ、小麦粉をまぶしてバターで焼く料理です。「ムニエ」とは粉屋や製粉業者という意味があるそうです。




 
【献立】
麦ごはん
チキンカレー
大根サラダ
煮たまご
牛乳        

【解説】
サラダの「だいこん」は冬が旬の野菜です。冬のだいこんはみずみずしく、甘くておいしいです。煮物や汁物、サラダや鍋物などいろいろな料理に使えます。また、日本一の栽培面積があり生産量が最も多い野菜です。






 

 
【献立】
五穀ひじきごはん
イカリングフライ
たくあんの和え物
僧兵汁
紫いもチップス
牛乳
 
【解説】
今日はかみかみ給食です。汁には噛み応えのある野菜をいれました。そうへい汁とは、三重県の郷土料理です。いのししの肉やにんにく、季節の野菜をいれた、味噌仕立ての汁です。戦国時代、織田信長の軍が三岳寺に攻めてきたとき、寺の修行僧たちは武器をとり、僧兵となって立ち上ったと伝えられています。僧は肉を食べないきまりですが、戦うために豊富な山の幸や鳥、いのししの肉を入れた鍋物を食べて、力をつけたといいます。
 
 
1月21日(火) 1月22日(水) 1月23日(木) 1月24日(金) 1月27日(月)
【献立】
チョコクルクルパン
みそらーめん
鶏肉の唐揚げ
シーザーサラダ
牛乳


【解説】
今日は下吉田中学校のリクエスト給食です。3年生のみなさんの好きなメニューを献立にしました。「チョコクルクルパン」「とりのから揚げ」「ラーメン」は1番人気でした「シーザーサラダ」は2位。 デザートの「プリン」は3番人気です。「プリン」は、明日の献立に入ります。
 
【献立】
ごはん
鰆の西京焼き
小松菜の胡麻和え
豚汁
プリン
牛乳


【解説】
小松菜は、寒い冬に育ちます。最近では一年中、見かけるようになりましたが、甘みがふえて、おいしくなるのは冬です。冬でも元気に育つため、「ふゆな」とも呼ばれています。こまつなは、ビタミンAやビタミンCがたくさん含まれていて風邪などの病気にかかりにくくしてくれます。
【献立】
黒パン
タンドリーチキン
コールスローサラダ
ポークビーンズ
牛乳


【解説】
タンドリーチキンの中の「ヨーグルト」やポークビーンズに入っている「粉チーズ」は、乳製品といいます。牛乳や乳製品の中には、骨や歯をつくる「カルシウム」がたくさん入っています。牛乳が給食に毎日出るのは、成長期のみなさんにしっかり飲んでもらいたいからです。
 
 
【献立】
ごはん(富士吉田米)
甲州ワインビーフコロッケ
ふじざくらポークのすき焼き煮
ゆばのすまし汁
牛乳


【解説】
1月24日から30日は全国学校給食週間です。今日から1週間は、山梨県の郷土料理や山梨県で作られた食材を紹介します。1日目は、「甲州ワインビーフ」と「富士さくらポーク」そして「身延町のゆば」を紹介します。ワインビーフはワインをつくるときにでるぶどうの絞りかすをエサにして育った牛の肉です。ふじさくらポークは、山梨県が7年にわたって開発した豚肉です。
【献立】
ごはん(富士吉田米)
ホッケのスタミナ焼き
五目きんぴら
すいとん汁
山梨県産ピーチゼリー
牛乳

【解説】
今日のご飯は富士吉田市でとれたお米を使っています。春に田植えをしてから秋の収穫まで、毎日農家の方々が一生懸命育てたお米です。感謝していただきましょう。すいとん汁は山梨県の郷土料理です。小麦粉を水でねった団子と根菜をはじめ旬の野菜をいれた汁物です。地域によっては、「おつけだんご」とも呼ばれています。デザートは、生産量が日本一である「山梨県でとれた桃」を使ったゼリーです。
 
1月28日(火) 1月29日(水) 1月30日(木) 1月31日(金)  
【献立】
クレソンパン
ビーフシチュー
ハムチーズオムレツ
大塚にんじんのスパサラダ
牛乳

【解説】
今日はクレソンと大塚にんじんを紹介します。クレソンは道志村の特産です。きれいな湧き水をいかしてつくられ、生産量は全国トップクラスです。また、大塚人参は、「のっぷい」とよばれる良い土で作られ、あざやかな紅色で、その長さは80㎝にもなります。
【献立】
ごはん(富士吉田米)
豚肉のねぎソースがけ
れんこんの煮物
じゃがいもの味噌汁
牛乳

【解説】
今日のご飯は富士吉田市でとれた「ひとめぼれ」という種類のお米です。また、みそ汁に入っている「じゃがいも」は、「北あかり」という種類で、富士吉田市内の農家のみなさんが一生懸命に育てたじゃがいもです。残さずにいただきましょう。
【献立】
子どもパン
かぼちゃのほうとう
わかさぎのフリッター
ツナとわかめの和え物
牛乳(ミルメーク)
 
【解説】
今日は、山梨県を代表する郷土食の「ほうとう」と富士五湖でもとれる「わかさぎ」の紹介です。「ほうとう」といえば「うまいもんだよかぼちゃのほうとう」といわれるように県民にとっては、なじみのふかいものです。かつて、砂糖が貴重であった時代には、かぼちゃの甘さが大変喜ばれたそうです。
【献立】
香ばし菜飯(富士吉田米)
おろしハンバーグ
青畑大豆入りサラダ
白菜の味噌汁
牛乳

【解説】
今月は都留市を紹介します。「地産地消」の取り組みから作られるようになった、「青ばた大豆」は都留市を代表する農産物になっています。青ばた大豆は熟しても黄色くならずに青い色のまま収穫されます。今日はセンターでコトコトと豆を茹でました。「青ばた大豆」の甘みを味わってください。




 

掲載内容に関するお問い合わせはこちら
学校給食センター
〒:403-0002
住所:山梨県富士吉田市小明見3丁目6番1号
TEL:0555-22-4466
FAX:0555-22-4477