サイトの現在位置
市立病院で撮影した映画『昴-スバル-』と『ドロップ』が同時公開

 これまで、市立病院では映画・テレビドラマなどのロケーション撮影を誘致する、フィルムコミッション活動を、積極的に行ってきました。この度、病院を舞台に撮影した二つの映画『昴-スバル-』と『ドロップ』が、偶然にも3月20日(金)に同時公開されました。

『昴-スバル-)』

 映画『昴-スバル-)』は、大ヒットコミックのバレエ漫画を、完全実写映画化したもので、世界4カ国(日本・中国・香港・シンガポール)のビックプロジェクトとして、アジア№1プロデューサーのビル・コンが製作を手掛けました。
病院での撮影は、平成19年9月22日、23日、10月7日、8日の4日間行い、主な撮影現場は、病室、廊下、ICU、診察室などを使用しました。出演者で、桃井かおりさん、前田健さん、大和田獏さんなどが病院に訪れました。

『ドロップ』

 映画『ドロップ』は、人気お笑いコンビ“品川庄司”の品川ヒロシが、自らの青春時代の体験をベースにつづった、ベストセラー小説・コミックを元に、原作・脚本・監督を行っております。
病院での撮影は、平成20年7月15日に行い、主な撮影現場は、ICU、廊下、総合ロビーなどを使用しました。出演者で、成宮寛貴さん、上地雄輔さん、宮川大輔さん、中越典子さんなどが訪れました。 

掲載内容に関するお問い合わせはこちら
市立病院
〒:403-0005
住所:山梨県富士吉田市上吉田6530番地
TEL:0555-22-4111
FAX:0555-22-6995