サイトの現在位置
住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

住民税非課税世帯等へ臨時特別給付金を支給します

新型コロナウイルス感染症の影響を受けやすい住民税非課税世帯等を経済的に支援するため、1世帯あたり10万円の臨時特別給付金を支給します。

 【ご案内】住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(PDF形式・914.99KB)

対象

次の(1)または(2)に該当する世帯
(1)「令和3年度住民税非課税世帯」
基準日(令和3年12月10日)現在、富士吉田市の住民基本台帳に記録されており、世帯全員が令和3年度の住民税が非課税である世帯

(2)「家計急変世帯」
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月以降の収入が減少し、世帯全員の1年間の収入見込額が住民税非課税相当の水準まで減少した世帯

*なお(1)、(2)ともに、住民税が課税されている方に扶養されている方のみからなる世帯は対象外です。

支給金額

1世帯当たり10万円

手続き方法

対象(1)の世帯
確認書などを送付(2月下旬)しますので、内容を確認して、同封の返信用封筒で返信してください。
   ※直接、申請書受付窓口(市役所1階相談室)で申請することもできます。
  • 令和3年度の住民税申告が未申告の方がいる世帯は、
    申請書を送付(3月初旬)しますので、令和3年度(令和2年中)の収入・所得の申告(確定申告又は住民税申告)を行い、その控えを提出して下さい。

  • 令和3年1月1日時点の住所が富士吉田市でない方は、
    令和3年1月1日の住所地等の住民税等課税が行われた市区町村役場にて、住民税非課税証明を発行し提出して下さい。

対象(2)の世帯
申請が必要となりますので、申請書及び申立書に必要事項を記入し、申請書受付窓口(市役所1階相談室)に直接または郵送でご提出ください。

問い合わせ・申請書について

問い合わせ 福祉課 内線161・113
申請書は、申請書受付窓口(市役所1階相談室)で配布のほか、下記からダウンロードすることができます。

PDFファイルはこちら
様式第2号【非課税世帯・要申請世帯用(手書き用申請書)・A4両面印刷】(PDF形式・880.02KB)
ファイルサイズ:880KB
様式第2号 非課税世帯・要申請世帯用 (手書き用申請書)
A4サイズで両面印刷して下さい。
様式第3号・第4号【家計急変世帯用(手書き用申請書・申立書)・A4両面印刷】(PDF形式・398.59KB)
ファイルサイズ:398KB
様式第3号・第4号 家計急変世帯用 (手書き用申請書・申立書)
A4サイズで両面印刷して下さい。
Adobe Readerを入手する
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
福祉課
説明:民生委員・児童委員、福祉関係者の叙勲、人権擁護委員、保護司会、福祉事務所の連絡調整、婦人相談員、DV(家庭内暴力)対策、福祉保健相談・指導及び関係部署の連絡調整、ホームレス対策等の調査、福祉団体の援護、引揚者の援護、戦没者遺族等の援護、災害見舞金、日赤山梨県支部富士吉田市地区、戦没者慰霊塔奉賛会、民間社会福祉施設整備資金利子補給、社会福祉協議会との連絡調整、生活福祉資金借入者利子補給、福祉ボランティア、福祉ホール、富士吉田市特別養護老人ホーム寿荘、社会福祉事業団の設立及び事業団、墓地及びへい獣、公衆浴場、地域福祉計画、旅館等設置協議、生活保護法による保護、法外援護事業、行旅病人、行旅死亡人等の取扱、老人福祉法による措置、障害者自立支援、身体障害者福祉、精神障害者保健福祉、知的障害者福祉、特別児童扶養手当、重度心身障害児(者)医療費助成、心身障害児児童年金の支給、精神保健活動、福祉団体との連絡調整、地域福祉交流センターの管理に関すること
〒:403-8601
住所:山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
TEL:0555-22-1111
FAX:0555-22-0703
内線:150・161