サイトの現在位置

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の概要

「新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)」は、入国先の相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で、提示を求められた場合に活用することを想定した接種証明書となります。そのため、この接種証明書の発行対象者は、海外渡航予定のある方に限られます。
それ以外の方が接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」又は「接種記録書」をご利用下さい。

また、富士吉田市で接種証明書(ワクチンパスポート)を発行可能な方は、
・富士吉田市が発行した接種券で接種を受けた方
・富士吉田市で発行した接種券付き予診票で接種を受けた方
になります。

なお、1回目接種と2回目接種の間に転居して接種した市区町村が異なる場合は、それぞれの市区町村に対して申請をする必要があります。

申請方法

(1)申請方法は、「窓口申請」又は「郵送申請」の2通りです。
  「新型コロナウイルスワクチン接種証明書 交付申請書」を記入し、必要書類と一緒にワクチン接種担当窓口へ提出、又は、
   郵送してください。
(2)接種証明書の即日発行は出来ません。申請を受理してから数日以内にワクチン接種担当窓口で交付いたしますが、郵送を希望の方は
   返信用封筒をご用意ください。(※必要書類等が不足している場合はさらにお時間をいただく場合がございます。)
(3)接種証明書の発行手数料はかかりません。
(4)本人以外の方が申請する場合は、委任状が必要となります。

必要書類

【必須の書類】
(1)交付申請書
(2)海外渡航時に有効な旅券(※有効期限内であること、身分事項の記載ページの写し)
【必要に応じ】
(4)接種券のうち、「予診のみ」部分、予防接種済証(臨時)
   (※紛失した場合はマイナンバーが確認できる書類または接種を受けた際の住所が記載された本人確認書類)
(5)旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類(※旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある方)
   旧姓併記されたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍、住民票の写し、当該別名・別姓の記載のある外国の旅券など
(6)返信用封筒(※住所記入の上、切手付き)
(7)委任状(※本人以外による申請の場合)

申請書等様式

下記PDFファイルからダウンロード・プリントアウトしてご利用ください。

PDFファイルはこちら
委任状
ファイルサイズ:347KB
Adobe Readerを入手する
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
健康推進室
説明:医療行政の調査・研究及び保健・医療関係機関等との連絡調整、訪問看護センターの管理、献血、富士北麓総合医療センター・臨床検査センターの管理、健康センター、健康づくり、食育の推進、妊産婦・乳幼児・成人・高齢者の保健推進、食生活改善の推進、地域組織活動の推進、感染症予防及び防疫、予防接種、発達の遅れのある幼児への支援に関すること。
〒:403-8601
住所:山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
TEL:0555-22-1111
FAX:0555-22-0703
内線:637