サイトの現在位置
9月5日は「富士吉田市防災の日」!
 防災への意識や備えは発災時に自分や家族を守るために重要です。近年激甚化・頻発化する異常気象や自然災害により、自助・共助の重要性が再認識され、公助のニーズも多様化しています。
 市内でも被害を最小限に抑え、早期の復旧復興につながるような体制づくりが必要です。そこで本年度から、9月の第1日曜日を『富士吉田市防災の日』として、全市民が防災について考える日としました。

防災パネルディスカッション

防災の専門家を迎えて、防災に関するパネルディスカッションを行います。
事前申込制です!

◆日時
9月5日(日)午後1時30分 開場:午後1時~
◆場所
ふじさんホール(市民会館)
◆駐車場
下二小グラウンド
◆参加方法
電話、ファックス、メールで①氏名②住所③電話番号をご連絡ください。
※複数名でのご参加の場合、参加者全員分の申し込みが必要です。
※申込者に入場券を送付しますので当日お持ちください。
※新型コロナウイルス感染症対策として、検温・消毒など、新型コロナウイルス感染症対策を行った上、実施します。

メインテーマ:『災害から市民の命を守るために』


パネリスト

車両(自衛隊・消防署・警察署)の展示・機能説明会

普段近くで見る事ができない、めずらしい特殊車両の展示を行います。
機能説明を聞くことや写真撮影もできます!
事前申し込みはいりません!
◆日時
9月5日(日)午前10時30分~午後3時
◆場所
市民会館駐車場
◆駐車場
下二小グラウンド

展示予定の車両

津波・大規模風水害対策車と水陸両用バギー

指揮通信車

電気バス

はしご車

73式大型トラック(作業装置付)

※このほかトイレトレーラー、警察車両などを展示します。

各種パネル展示
富士砂防事務所や富士北稜高校などが取り組んでいる防災対策について、パネル展示をします。

スケジュール表

富士吉田市総合防災訓練

近年、毎年のように大雨による災害が発生しており、南海トラフ巨大地震も今後、二十数年以内に70~80%の確率で発生するとされています。
今年は、大雨と地震の複合災害を想定して、感染防止対策を施した避難所運営などの訓練を実施します。

◆日時
9月5日(日)午前9時 ~
◆訓練内容(予定) 
地震・大雨警報(土砂災害警戒情報)を想定した各種訓練
①災害対策本部訓練
②被災建築物応急危険度判定実施本部設置訓練
③指定避難所開設訓練(感染症対策)
④炊き出し訓練ほか
◆実施場所
市内指定避難所ほか
※訓練内容などの詳細は、各自主防災会などを通じてお知らせします

掲載内容に関するお問い合わせはこちら
安全対策課 防災担当
〒:403-8601
住所:山梨県富士吉田市下吉田六丁目1番1号
TEL:0555-22-1111
FAX:0555-22-0703
内線:259