サイトの現在位置
新型コロナウイルスワクチン接種について

富士吉田市のワクチン接種について


【新たに接種を希望される方】の予約受付について 
     12歳以上の方がご予約いただけます。

  ※今年度12歳となる方の接種券は、接種日において満12歳を迎える方に順次お送りしています。
  ※予約方法や接種日程など概要はこちらから
 
  ※予約には接種券が必要となります。接種券がお手元に届いている方が予約できます。
  予約ダイアルの電話が混み合い、つながりにくい場合には、時間をおいて今一度お電話いただけますようお願いします。
   可能な限りインターネットからの御予約にご協力ください。

   (特に週明けの日や午前9時~10時はお電話が混み合います。)

  ※市役所に来庁しての予約はできません。

  ※2回目の接種は1回目の接種から3週間後同じ会場同じ曜日同じ時間で自動的に確保となります。
   2回分の都合が合う日程でのご予約をお願いします。


【接種会場】
 ・富士吉田市ワクチン接種センター(富士吉田市民会館第2駐車場内)
  接種日時点で満16歳以下の方は富士吉田市ワクチン接種センターの【小児専用】予約枠でのご予約をお願いします。

  接種可能日程はこちらにてご確認ください。

  ※新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける際の費用は全額公費です。行政機関をかたった”なりすまし”にご注意ください。
   市が電話・メールで個人情報を求めることはありません。


追加(3回目)接種について

原則、2回接種を完了した日から7ヶ月もしくは8ヶ月を経過した日以降に接種を受けられるよう、1月中旬以降、順次接種券を発送しています。
接種スケジュールはこちらにてご連絡ください。

 高齢者向け追加(3回目)接種:  令和4年2月5日(土)開始予定
   ※追加接種用接種券は、1月中旬以降順次発送予定です。
    2回目の接種日順の発送ですので、お手元に届くまでお待ちください。

※先行接種をされた医療従事者等の方(令和3年5月末までに2回接種が完了した方)の接種券は、12月中旬に発送しています。
 医療従事者等の方の接種スケジュール等は接種券に同封のチラシをご確認ください。
 医療機関等にお勤めで接種券が必要な方は、予約ダイヤルまでお電話ください。

新型コロナウイルスとは

 「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」はコロナウイルスのひとつです。コロナウイルスには、一般の風邪の原因となるウイルスや、「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」ウイルスが含まれます。
 ウイルスにはいくつか種類があり、コロナウイルスは遺伝情報としてRNAをもつRNAウイルスの一種(一本鎖RNAウイルス)で、粒子の一番外側に「エンベロープ」という脂質からできた二重の膜を持っています。自分自身で増えることはできませんが、粘膜などの細胞に付着して入り込んで増えることができます。
 ウイルスは粘膜に入り込むことはできますが、健康な皮膚には入り込むことができず表面に付着するだけと言われています。物の表面についたウイルスは時間がたてば壊れてしまいます。ただし、物の種類によっては24時間~72時間くらい感染する力をもつと言われています。
 手洗いは、たとえ流水だけであったとしても、ウイルスを流すことができるため有効ですし、石けんを使った手洗いはコロナウイルスの膜を壊すことができるので、更に有効です。手洗いの際は、指先、指の間、手首、手のしわ等に汚れが残りやすいといわれていますので、これらの部位は特に念入りに洗うことが重要です。また、流水と石けんでの手洗いができない時は、手指消毒用アルコールも同様に脂肪の膜を壊すことによって感染力を失わせることができます。(厚生労働省HPより

山梨県における感染症発生状況

  こちらをご覧ください(山梨県HP


富士吉田市における発生状況

新型コロナウイルスワクチンについて

ワクチン、予防接種とは
 一般に、感染症にかかると、原因となる病原体(ウイルスや細菌など)に対する「免疫」(抵抗力)ができます。免疫ができることで、その感染症に再びかかりにくくなったり、かかっても症状が軽くなったりするようになります。
 予防接種とは、このような体の仕組みを使って病気に対する免疫をつけたり、免疫を強くするために、ワクチンを接種することをいいます。(厚生労働省HPより

☆新型コロナウイルスワクチン接種に関する差別的な行為は絶対にやめましょう。
 今回の新型コロナウイルスワクチンの予防接種は、強制ではなく、接種を受ける方の同意がある場合に限り行われ、本人の同意なく接種が行われることはありません。
 厚生労働省では、接種後の発生状況を踏まえ心筋炎や心膜炎の症状を副反応報告に位置づけていますが、接種によるメリットの方が副反応などのデメリットよりも大きいとして、引き続き接種を推奨しています。
 しかし、病気などの健康上の理由や様々な理由で接種できない方等もいます。
 ワクチン接種をしていない方に対する差別的な行為を行わず、接種の強制などが無いよう配慮をしましょう。

≪ワクチン接種できない方・接種をしていない方への
              差別や誹謗中傷は絶対にやめましょう≫

  〇その他、接種が受けられる時期、方法などはこちらをご覧ください。(厚生労働省HP
  〇ワクチンに関する詳しい情報はこちら厚生労働省HP
  
  〇ワクチンおよび接種に関するQ&Aについてはこちらから(厚生労働省HP
  〇ワクチン接種に関する動画はこちら(首相官邸HP)
  〇ワクチン接種後の健康状況調査についてはこちらから(厚生労働省HP
  〇ワクチンの副反応疑い報告についてはこちらから(厚生労働省HP

新型コロナウイルスワクチンに関するコールセンター

接種に関する不安・接種後の体調不安についてはこちらにご相談ください。

  聴覚に障害のある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。


新型コロナウイルスワクチン接種証明書について

新型コロナワクチンを接種した証明書が必要な方はこちらをご覧ください。

なお、接種の際にお持ち帰りいただいている『接種済証』や『接種記録書』も接種証明として利用可能です。

山梨県モデルナ社接種センター/アストラゼネカ社接種センターについて

モデルナ社ワクチンおよびアストラゼネカ社製ワクチンの接種センターが設置されています。

詳しくはこちら(山梨県HP)をご覧ください。

山梨県新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターについて

山梨県による予約不要のワクチン接種会場が設置されます。

<モデルナ社製ワクチン>
場所 山梨県立博物館  笛吹市御坂町成田1501-1
日程 【1回目】
     1月15日(土)、16日(日)
   【2回目】
     2月12日(土)、13日(日)

時間 接種 14時30分~16時

 詳細はこちらをご覧ください。

PDFファイルはこちら
Adobe Readerを入手する
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
健康推進室
説明:医療行政の調査・研究及び保健・医療関係機関等との連絡調整、訪問看護センターの管理、献血、富士北麓総合医療センター・臨床検査センターの管理、健康センター、健康づくり、食育の推進、妊産婦・乳幼児・成人・高齢者の保健推進、食生活改善の推進、地域組織活動の推進、感染症予防及び防疫、予防接種、発達の遅れのある幼児への支援に関すること。
〒:403-8601
住所:山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
TEL:0555-22-1111
FAX:0555-22-0703
内線:637