サイトの現在位置
2019年2月25日 更新
新生児聴覚検査費用の一部助成を行っています
 赤ちゃんは生まれたときから音を聞いて様々なことを覚えていきます。赤ちゃんに話しかけることでマネをしたり、言葉の意味を理解したりして、やがて言葉を発するようになっていきます。
 しかし、生まれつき耳の聞こえに障害があるお子さんは、生まれてくる赤ちゃん1,000人のうち1~2人はいると言われています。聴覚障害を早期に発見し、できるだけ早い時期に適切な支援をすることで発育発達を促すことができるようになります。
 富士吉田市では、新生児聴覚検査の費用の一部を助成する事業を実施しています。

対象者

富士吉田市に住民票のある赤ちゃん

助成内容

検査にかかった費用について3,000円を助成します。
(検査費用が3,000円を上回った場合は超過分は自己負担となります。)

使用方法

【山梨県内の医療機関の場合】
出産後の入院中(生後2~3日頃)に赤ちゃんが検査を受けるので、入院時に『新生児聴覚検査受診票』を病院へご持参ください。

【県外の医療機関の場合】
償還払い(検査費用を自己負担で支払っていただき、後で手続きにより費用を助成する方法)で対応しますので、下記をお持ちになって市役所で手続きをお願いします。
持ち物:母子健康手帳・検査の領収書・振込口座のわかるもの・未使用のこの受診票・印鑑

転出する場合について

受診票は使用できません。転出した先の市町村で同様のサービス
があるかどうかご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせはこちら
健康長寿課 健康推進担当
説明:医療行政の調査・研究及び保健・医療関係機関等との連絡調整、訪問看護センターの管理、献血、富士北麓総合医療センター・臨床検査センターの管理、健康センター、健康づくり、食育の推進、妊産婦・乳幼児・成人・高齢者の保健推進、食生活改善の推進、地域組織活動の推進、感染症予防及び防疫、予防接種、発達の遅れのある幼児への支援に関すること。
〒:403-8601
住所:山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
TEL:0555-22-1111
FAX:0555-22-0703
内線:637