サイトの現在位置
朝ごはんキャンペーン事業

 
富士吉田市は、朝ごはんを食べない人(朝食の欠食)の割合が非常に高い傾向にあります。

朝食をしっかり食べることは、基本的な生活習慣の形成に大きく関わり健康の基本です。成長や生活習慣病の予防のためにも、小さいころからしっかり朝食を食べる習慣をつけることが重要です。 

そこで富士吉田市では、目標値を掲げ 朝食の欠食率の改善に取り組んでいきます。朝食の大切さ、時間のない朝でも簡単にできる朝食レシピなど、情報を発信していきたいと考えています。

富士吉田市の現状(第2次富士吉田市食育推進計画より)

◎朝食の欠食割合
幼児  8.3% (目標値  0%)
小学生 6.1% (目標値  0%)
中学生 17.4% (目標値  10%以下)
高校生 24.7% (目標値  15%以下)
一般  20.6% (目標値  15%以下)

①朝ごはん おすすめレシピ

しらすトースト

食パンの上にチーズをのせて焼くだけ!ポイントは、仕上パッパッとふりかける青のり。磯の香りが食欲をそそります。火を使うこともないので、忙しい朝にぴったり!

ツナのみそマヨオープンサンド

切って混ぜてのせるだけ!!サバ缶でも美味しくいただけます!

②毎月19日は「食育の日」!!    FMふじごこ(FM76.8) から 情報発信します!

・日時:毎月19日食育の日」 (19日が土日の場合、その週の金曜日の予定)
・時間:12時から生放送(5~10分間))
・朝ごはんレシピをはじめ、栄養に関することなどお話しします

③CATV富士五湖で食育番組が放送されました!

 家族そろって毎日朝ごはんを食べることが理想です。しかし、朝は時間がなくて、つい朝ごはんを食べている時間が…という方もいるのではないでしょうか?
 富士吉田市の“ワタナベさん”家はお父さん、お母さん、高校生、中学生、小学生の子どもがいる5人家族です。時間がなくて、朝ごはんを食べずに学校へ行こうとする子どもたちの前に“朝ごはんの女神”が現れて朝ごはんの大切さを伝えます。
 富士吉田市の食育の現状を踏まえながら、家族で食生活を振り返る機会となるようなドラマとなっています。多くの市民の方にご覧いただけたらと思います。下のリンクからも視聴できます。

④富士見台中学校と連携した取り組み

 朝ごはんキャンペーン事業では、早寝早起き朝ごはんを始めとした生活リズムの改善を目的の1つとしています。
その食育活動を表現する場として、富士見台中学校の学園祭、体育部門の日をお借りしました。
 保健委員・給食委員さんから朝ごはんの大切さについてのお話がありました。生徒さん発信だったので、
保護者の方に良く伝わったのではないでしょうか。また、全校生徒の皆さんが「ちゃんと食べよう体操」を披露してくれました!ちゃんと食べよう体操とは、1日3食きちんとごはんを食べましょうという体操です。
学園祭の準備で忙しい中、練習してくれた成果を発揮し、とても良い食育活動になりました。
  このような食育活動を通して、市民の皆さんに朝ごはんの大切さが伝わり、食生活を改善していく人が増えていくと幸いです。

ちゃんと食べよう体操”を普及しています!「ちゃんと食べよう体操」とは、朝・昼・夜ちゃんとごはんを食べま しょうという体操の歌です。

元体操のお兄さん、佐藤弘道氏(ひろみちお兄さん)が体操を、坂田おさむ氏が歌を歌っています


掲載内容に関するお問い合わせはこちら
健康推進室
説明:医療行政の調査・研究及び保健・医療関係機関等との連絡調整、訪問看護センターの管理、献血、富士北麓総合医療センター・臨床検査センターの管理、健康センター、健康づくり、食育の推進、妊産婦・乳幼児・成人・高齢者の保健推進、食生活改善の推進、地域組織活動の推進、感染症予防及び防疫、予防接種、発達の遅れのある幼児への支援に関すること。
〒:403-8601
住所:山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
TEL:0555-22-1111
FAX:0555-22-0703
内線:637