サイトの現在位置
2019年6月12日 更新
tanpopo
働くパパ・ママの支援 富士吉田市立病後児保育室たんぽぽ

● 所在地
  富士吉田市新屋1236(第五保育園併設)

● 利用できるお子さま
  山梨県内に在住する0歳から小学校6年生までの児童で、”病気の回復期”にあり、保護者の就労等により家庭で育児をすることが困難な場合。
※ 病気などの治療が必要な場合は利用できません。
※ 病後児保育室において受け入れが困難と判断した場合は、ご利用をお断りする場合があります。

● 定員
  1日 3人

● 利用できる日・時間
  月曜日~金曜日 午前8時30分~午後4時30分  (午後4時30分までのお迎えをお願いします)
  土・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は、お休みです。

● 食事
  完全給食です。
※ アレルギーの除去食については、ご相談ください。状況によりお弁当持参をお願いする場合があります。

● 負担金
  1日 2,000円(市内) 
     2, 500円(市外)
   ※生活保護世帯及び市町村民税非課税世帯の方には、減免措置があります。

● その他
  ・当日は、「利用のしおり」のなかの「持ってくるもの」を確認の上お持ちください。
  ・1回の申請につき5日間利用できます。
  ・キャンセルの場合は、必ずご連絡ください。

● たんぽぽデイリープログラム
  8:30  登園 検温 
      あそび・おやつ・安静・検温
  11:30 給食
  13:00 お昼寝・安静
  15:00 検温・おやつ・あそび・安静
  16:30 降園(退室)

● 利用までの流れ

 1.事前に登録申請してください。
 2.利用可能か病後児保育室に電話で確認してください。
 3.かかりつけ医より医師証明を受けてください。
 4.病後児保育室に利用の予約をしてください。

※ 利用登録申請書、医師証明書(利用申請書)および利用のしおりは、市内の各保育園及び幼稚園、市役所子育て支援課にあります。
※ 医師証明書について、小児初期救急医療センターでは、対応しません。
※ 利用予約が定員を超えた場合は、リスクの高い乳幼児を優先しますので、ご了承ください。

● 持ってくるもの

 ◎必ず必要なもの
 □ 「富士吉田市立病後児保育室利用申請書・医師証明書」
 □ 健康保険証・乳幼児医療証・母子手帳
 □ 着替え(下着・上下服)
 □ 手ふき用タオル 1枚
 □ バスタオル   2枚
 □ 歯ブラシとコップ
 □ ティッシュペーパー 1箱

  ◎年齢に応じて
 □ ミルク(ほ乳びん・乳首をセットし1回分ごとに分けて)
 □ オムツ(6~7枚)
 □ おしり拭き(普段使用しているもの)
 □ エプロン3枚

  ◎必要に応じて
 □ くすり(医師処方のもの)・薬情報提供書またはおくすり手帳
 □ お気に入りのおもちゃ・絵本・タオルなど
 □ 生活保護受給者証

※ 持ち物には、すべて名前を書いてください。
※ お昼寝ふとんは、用意してあります。

●問合せ  富士吉田市立病後児保育室たんぽぽ 
      電話 0555-23-6346

掲載内容に関するお問い合わせはこちら
子育て支援課
説明:子育て相談・支援、地域子育て支援体制整備、児童手当、放課後児童対策、児童・家庭相談、児童扶養手当、ひとり親家庭医療費助成事業、ひとり親家庭の支援、ファミリーサポートセンター、次世代育成支援対策推進、要保護児童対策地域協議会、出生祝金、保育所の入退所、保育料の費用徴収、保育所との連絡調整、保育園の管理及び運営、マザーズホームの管理及び運営、乳幼児医療費の助成に関すること
〒:403-0004
住所:山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
TEL:0555-22-1111
FAX:0555-22-7666
内線:563・564・565