サイトの現在位置
2019年5月20日 更新
住居表示の概要

わかりやすく、すみよい町づくりのために


 住居表示以前の住所については、土地の「地番」を使った表示をしており、番号が飛んでいたり、
同じ地番に多くの家が建っていたり、分かりにくくなっています。
 そこで、市では順次、住居表示を実施し、現在ある建物に順序よく番号をつけることにより、
わかりやすい住所の表示の整備を行っております。

「わかりやすく、住みやすい町づくり」のために、住居表示制度の果たす役割の一端をご紹介します。
  1.救急救命の必要性が高まる中で、このシステムは緊急時の連絡・支援に役立ちます。
  2.携帯電話による緊急時の連絡においても、事故発生現場における位置関係の正確な情報発信が可能になります。

住所・本籍・不動産の表し方


   凡例(富士吉田市役所に住所・本籍・不動産を有していた場合) 

   住所
      [旧表示] 富士吉田市下吉田1842番地      [新表示] 富士吉田市下吉田六丁目1番1号
                                        ※建物が建っていない場所に住所は設定できません

                                      ※こちらから住居番号設定手続きを行なってください
   本籍
      [旧表示] 富士吉田市下吉田1842番地      [新表示] 富士吉田市下吉田六丁目1842番地


   不動産の表示
      [旧表示] 富士吉田市下吉田字重陽地1842番   [新表示] 富士吉田市下吉田六丁目1842番




関連ファイルのダウンロード
住居表示のしおり
ファイルサイズ:714KB
住居表示を解りやすく解説しています
住居表示実施区域図
ファイルサイズ:2446KB
Adobe Readerを入手する