各課について サイトマップ トップページへ
山梨県富士吉田市
Billingual
English
koreana
chinese
portugues
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
市の情報
行政情報
くらしの情報
防災情報
事業者向け
サイトの現在位置
トップ市の情報富士吉田市紹介富士吉田市名誉市民桑原 幹根(くわばらみきね)氏
前のページへ 
2012年11月5日 更新
印刷用ページを開く
桑原 幹根(くわばらみきね)氏
プロフィール
本籍地    山梨県富士吉田市大明見20番地
住 所	 名古屋市昭和区高峯町133−19
氏  名    桑原 幹根氏
生年月日 明治28年 8月29日 
没年月日 平成 3年 4月11日

名誉市民  昭和63年 9月17日
略歴
大正11年 3月	東京帝国大学法学部政治科卒業
〃 12年 4月	内務省入省
〃 12年10月	山口県産業課長
昭和 6年12月	内務省警保局図書課長
〃 11年12月	内閣東北局長
〃 15年 4月	日本商工会議所理事
〃 16年 8月	東北興業株式会社副総裁
〃 20年 4月	同社総裁
〃 21年 7月	官選愛知県知事(〜昭和22年3月)
〃 21年 7月	東海北陸地方行政事務局長官(併任) (昭22.3)
〃 26年 5月	愛地県知事当選
			以後連続6期当選(〜昭和50年2月)
〃 36年 5月	中部圏知事会会長(〜昭和50年2月)
〃 36年 8月	愛知県国民健康保険団体連合会理事長(〜平成元年7月)
〃 41年11月	中部圏開発整備地方協議会会長(〜昭和50年2月)
〃 42年 5月	全国知事会会長(〜昭和50年2月)
〃 48年11月	勲一等旭日大綬章受賞
〃 50年 4月	国土庁顧問(〜昭和63年6月)
〃 50年 5月	株式会社東海銀行監査役
〃 50年12月	名古屋商工会議所相談役
〃 51年11月	愛知県交通安全協会会長(〜昭和63年5月)
〃 52年 5月	中部交通安全協議会会長(〜昭和63年6月)
〃 52年 5月	自治省特別顧問(〜昭和61年2月)
〃 62年12月	愛知県名誉県民
業績
 1895年、山梨県南都留郡明見村(現・富士吉田市)で養蚕農家の7男として生まれた。山梨県第一中学校都留分校(現・山梨県立都留高等学校)、旧制第一高等学校から東京帝國大学(現・東京大学)法学部を経て、内務省に入省。1935年に福島県経済部長、同年に内閣東北振興事務局書記官、1941年に東北興業会社(現・三菱マテリアル)総裁など役職を歴任し、1946年に官選の愛知県知事となる。戦後は公職追放になったが、1951年に公選の愛知県知事に当選し、以後は連続6期24年にわたって知事を務めた。

 全国の草分けとなった地方計画を策定するなど、知事在任中は行政手腕と中央への人脈を活かし、名古屋港や衣浦港を整備して工業用地を造成した。こうして高度経済成長の勢いに乗り、愛知県をトヨタや新日本製鐵に代表される工業県に変化させた。1959年には愛知用水の存在が決め手となって三重県との誘致合戦を制し、東海製鉄(現・新日本製鐵名古屋製鐵所)を現在の東海市へ誘致する事に成功している。

 1967年には全国知事会で初めて東京都知事以外から会長に選ばれ、1975年に知事を退くまで在任した。1973年には勲一等旭日大綬章を受章。1987年に愛知県で初の名誉県民となった。1991年4月11日、心不全のため95歳で逝去。同年5月16日には愛知県民葬が営まれた。
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
秘書課
〒403-8601 山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
Tel: 0555-22-1111  内線 211  Fax: 0555-22-0703
E-Mail: こちらから