サイトの現在位置
現行の「被保険者証」が廃止されます。

令和6年12月2日以降は、現行の「被保険者証」の発行ができなくなります。

 令和6年12月2日より、現行の被保険者証(以下、保険証)につきましては廃止されることが決定しております。

 12月2日以降に保険証の表記等に変更が生じる以下のことに該当した場合、保険証は発行されずに、マイナンバーカードの保険証利用(以下、マイナ保険証)の登録がされているかにより発行される書類が異なります。

●転居や婚姻、世帯分離など、住所・氏名など住民登録上の変更が生じた場合 
●70歳に到達した場合(高齢受給者証の対象になるため)
●退職や扶養認定の変更などで、国民健康保険に加入する場合
●紛失等で再発行する場合

★マイナ保険証の利用登録を行っている方

 「資格情報のお知らせ」が発行されます。
 医療機関ではマイナ保険証を使用していただき、システムの不具合や停電など、医療機関でマイナ保険証を利用できない際にはそちらを提示していただくこととなります。

★マイナ保険証の利用登録を行っていない方、マイナンバーカードをお持ちでない方

 「資格確認書」が発行されます。
 現行の保険証と同様の内容が記載されているものとなりますので、医療機関にはそちらを提示していただきます。

※経過措置により、有効期間が令和6年12月2日を経過しても、発行から1年間に限り現行の被保険証を使用できます。

●令和6年度の更新にて送付される保険証は、有効期間が令和7年7月31日となります。
 この保険証は、廃止日の令和6年12月2日を経過しても有効期限通り使用することが可能です。
 ただし、表記等に変更が生じる場合や、紛失された場合などで再交付を行う場合は上記「資格情報のお知らせ」「資格確認書」のいずれかが発行されます。

●発行から1年以内に70歳になられる方につきましては、誕生日月末(1日の場合は前月末)が有効期限の保険証が発行されます。
 (令和6年12月2日~令和7年1月1日に70歳になられる場合:令和6年12月31日が有効期限)
 この場合、令和6年12月中に、令和7年1月以降に使用していただく上記「資格情報のお知らせ」「資格確認書」のいずれかを発行します。

●マイナ保険証を利用しましょう!

 マイナ保険証を利用すると、以下のようなメリットがあります。
 積極的なマイナ保険証の利用をお願いします。

・医療費の節約
 紙の被保険者証と比べ、皆様の保険料で賄われている医療費を20円節約でき、自己負担額も低くなります(3割負担の方は6円)。
 医療費を節約することで、保険料の抑制にもつながります。

・より良い医療を受けることができる
 過去のお薬情報や健康診断の結果を確認できるようになるため、身体の状態や他の病気を推測して治療に役立てることができます。
 また、お薬の飲み合わせや分量を調整してもらうこともできます。

・手続きをしなくても、高額医療の適用を受けられる
 現在は、市役所で申請により発行する限度額認定証と被保険者証を併せて医療機関に提示することで、適用を受けることができますが、マイナ保険証を使用することで限度額認定証がなくても適用を受けることができます。
※69歳までで非課税世帯の方(区分オ)、70歳から74歳で低所得区分Ⅱに該当し、90日を超える入院をされている方につきましては、マイナ保険証を利用していても長期入院該当の申請が必要となります。
 入院日数が90日を超えたことがわかる書類(領収書・入院証明書など)、被保険者証(兼高齢受給者証)、限度額適用・標準負担額減額認定証(すでにお持ちのかた)をお持ちになり、富士吉田市役所 市民課国保担当まで申請をお願いします。

PDFファイルはこちら
マイナ保険証を利用しましょう!
ファイルサイズ:924KB
制度の案内および関連動画です。
Adobe Readerを入手する
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
市民課 国保担当
〒:403-8601
住所:山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
TEL:0555-22-1111
FAX:0555-22-1122
内線:171