サイトの現在位置
住居表示実施済地区内で新築・改築をした場合

住居表示実施済地区内で、建物(住宅・事務所・事業所・店舗・工場など) を新築や建替えした際には、住居表示設定の届出をお願いします。

 住居表示を実施した地区では、家の住所・事業所等の所在地を、土地の地番ではなく、「富士吉田市〇〇丁目△番□号」で、表しています。この「□号」は、建物に付けるもので、住居番号といいます。住居番号は、みなさまからの住居表示設定届(建築確認申請とは別です)に基づいて付けます。
 住居番号(住所・所在地)が確定しない建物には、住民登録ができず、郵便物が届かない場合もあります。建物の外装等がおおむね完成し、出入口の位置が決まりましたら届出してください。
 今まで住んでいた場所での建替えや、増改築をして出入口が変わる場合、建物を滅失した場合(滅失した時点で、これまでの住居番号は使えません)も、届出が必要になります。
 なお、住居表示が未実施の地区は、土地の地番が住所となりますので、住居表示設定届を届出していただく必要はありません。
 事務所等を開設する場合は、法人登記や所在地を決める前に届出をお願いいたします。届出をしないで間違った住所を使用されますと、訂正手続きで多くの時間や費用がかかることがあり、郵便その他の配達物の誤配などで支障が生じる場合があります。また、整備された住居表示が混乱することになりますので、必ず届出をしてください。ご理解とご協力をお願いいたします。

住居表示設定届出の時期

建物の外装等がおおむね完成し、出入口の位置が決まりましたら届出してください。

住居表示設定届出に必要な書類

❶ 建築確認済証
❷ 建築確認申請書(第1面~第3面)
❸ 位置図(案内図)
❹ 建物配置図
❺ 建物平面図(1階)
❻ 公図
➐ 住居表示設定届(下記のページからダウンロードできます。住居表示担当窓口にもありますので、届出時に、ご記載いただくことも可能です。)

住居表示設定済の建物の増改築・滅失

[変更]増改築して出入口が変わった場合
建物の配置図( 増築・改築により出入口が変更になっているもの / 道路が載っているもの )

[廃止]建物を取り壊した場合
現地写真( 建物の取り壊しが確認できるもの / 取り壊す前と取り壊した後のそれぞれの写真 )

届出人

建物の所有者や居住者、建築・不動産業等の関係者の方

※現地調査が必要な場合は、翌日以降の決定になることがあります。余裕をもって届出をお願いします。
※住居番号決定後、通知書と住居表示プレートをお渡しします。プレートは玄関や門柱などに貼り付けてください。
※アパート、共同住宅などは、住民票の住所に反映させる必要があるため、なるべく建物名称が決まった時点で届出してください。
※必要書類はコピー可能ですが、図面は縮尺しないでください。
※手数料は無料です。
※窓口に来庁される際は、ご本人確認書類をご持参ください。

PDFファイルはこちら
富士吉田市住居表示実施区域図
ファイルサイズ:1323KB
住居表示設定・変更・廃止届
ファイルサイズ:59KB
住居表示設定届のご案内
ファイルサイズ:2049KB
Adobe Readerを入手する
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
市民課 住居表示担当
説明:住居表示に関すること。
〒:403-8601
住所:山梨県富士吉田市下吉田六丁目1番1号
TEL:0555-22-1111
FAX:0555-22-3356
内線:633