各課について サイトマップ トップページへ
山梨県富士吉田市
Billingual
English
chinese
koreana
portugues
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
市の情報
行政情報
くらしの情報
防災情報
事業者向け
サイトの現在位置
トップ行政情報まちづくり西丸尾定住促進宅地の分譲を開始します。
 
2018年1月31日 更新
印刷用ページを開く
西丸尾定住促進宅地の分譲を開始します。
 富士吉田市では、若者が安心して生活できる住宅環境の確保を支援することで、本市への定住を促進し、活力ある地域づくりの推進を図るため、住宅を建築する方向けに宅地の分譲を行います。
分譲概要
所 在 地■山梨県富士吉田市旭一丁目地内(下吉田第二小学校向かい)
分譲面積■4078.28u
区 画 数■10区画
区画面積■最小:約80.73坪(266.89u)〜
         最大:約105.97坪(350.34u)
分譲価格■最低:10,568,294円〜最高:13,382,988円
施設等の概要■電  気・・・東京電力
       上下水道・・・富士吉田市
       ガ  ス・・・吉田ガス株式会社
       電  話・・・NTT東日本
       CATV・・・CATV富士五湖
地  目■宅地
用途地域■準住居地域及び第一種中高層住居専用地域
道  路■幅員6mアスファルト舗装

交通機関■鉄道・・・富士急行月江寺駅
     バス・・・富士急山梨バス下吉田中学校前バス停
公共施設■富士吉田市役所 約1.9q
     下吉田第二小学校 約120m
     下吉田中学校 約320m
     富士・東部小児初期救急医療センター 約350m
     市民会館・市立図書館 約500m
分譲価格
区画番号 地番 分譲価格(円) 地積(u)
区画1 旭一丁目887-31 10,608,928 301.39
区画2 旭一丁目887-32 12,030,652 281.09
区画3 旭一丁目887-33 12,627,676 281.24
区画4 旭一丁目887-35 13,382,988 350.34
区画5 旭一丁目887-36 10,568,294 273.79
区画6 旭一丁目887-37 10,862,423 266.89
区画7 旭一丁目887-42 11,791,008 272.94
区画8 旭一丁目887-43 11,630,472 271.74
区画9 旭一丁目887-45 12,011,517 272.37
区画10 旭一丁目887-46 11,750,832 272.01
 
区画配置図
区画配置図画像
申込方法
 分譲希望者は、「定住促進宅地分譲購入申込書」へ必要事項を記入・押印の上、必要書類を添えて受付期間内に受付場所へ直接持参してください。なお、土曜日、日曜日及び祝日の受付は行いません。
 また、2月1日(木)より、市役所まちづくり部まちづくり戦略課にて申込書等の関連資料の配布を行います。

(1)受付期間 平成30年2月13日(火)から平成30年3月30日(金)
(2)受付時間 午前8時30分から午後5時まで。
(3)受付場所 富士吉田市役所まちづくり部まちづくり戦略課
(4)必要書類(発行より3か月以内のもの)
 ・分譲宅地に建築する住宅に居住しようとするすべての者の住民票
 ・市税等の完納証明書(市税等に未納がないことを証明する書類)
 ・その他市長が必要と認める書類
分譲対象者
(1)定住を目的とした住宅を建築するために定住促進宅地を必要とすること。
(2)満18歳以上の世帯主であること。
(3)世帯の全員に市税等の滞納がないこと。
(4)市が指定する期日までに分譲代金を納入できること。
(5)世帯の全員が富士吉田市暴力団排除条例第2条第3号に規定する暴力団員等でないこと。
分譲の条件
(1)定住促進宅地を住宅以外の用途に使用しないこと。
(2)定住促進宅地の引渡しを受けた日から3年以内に住宅の建築を完了すること。
(3)定住促進宅地の引渡しを受けた日から10年以内は宅地を他の者に譲渡しないこと。
(4)10年間の買戻特約登記をすることについて承諾すること。
(5)富士吉田市定住促進宅地分譲要綱または契約の条項に違反しないこと。
(6)その他市長が特に定める事項に違反しないこと。
譲受人の決定方法
 富士吉田市定住促進宅地分譲要綱第6条の規定により資格審査を行い分譲を決定します。なお、申込者が同一区画に対して複数ある場合は、定住促進の趣旨に鑑み、下記の世帯を優先し譲受人を決定します。
 申込者並びに同居する配偶者・親族の現住所や年齢に応じ、採点を行い、その合計点をもって譲受人の決定を行います。この場合において順位を定め難い場合は、抽選により譲受人を決定します。

【優先世帯】※基準日:平成30年2月1日
 転入若者世帯:下記の若者世帯であって、夫及び妻のいずれも基準日の前1年間に本市に住所を有していないもの。
 若者世帯:夫婦の世帯であって、夫及び妻のいずれも基準日現在で満40歳未満のもの。
 子育て等世帯:15歳以下の子等を扶養する世帯。
特記事項
@現地説明会等は行いませんので、分譲申込者は事前に現地を必ず確認してください。
A分譲物件調書は、分譲申込者が物件の概要を把握するための資料ですので、分譲申込みを行う前に、必ず申込者自身において、現地及び利用等に係る諸規制についての調査確認を行ってください。
B物件は、現状有姿での引渡しとなります。工作物等(既存の擁壁など)を含むものとし、越境物がある場合についても現状有姿のまま引渡すこととなります。また、物件の地下埋設物及び地盤調査は行っていません。
C電柱、支柱、支線、ゴミ集積所などについては、関係機関と協議のうえ設置しておりますので、移設等の対応はできません。
分譲代金の支払い方法等
 売買契約締結と同時に、契約保証金として、分譲代金の1割に相当する金額を納入していただきます。その後、平成30年7月17日(火)までに分譲代金と契約保証金との差額を支払っていただきます。
 所有権の移転登記は、分譲代金完納後、譲受人の請求により市が行います。 売買契約書に貼付する収入印紙及び所有権移転登記に必要な登録免許税は、譲受人のご負担となります。
 契約に違反した場合には、富士吉田市は売買土地の買戻しを行います。その際、違約金として売買代金の1割に相当する金額をいただきます。
新築物件取得支援奨励金
 市外から転入して市内に住居を新築した場合に、補助金を交付します。詳しくは、下記のリンク「新築物件取得支援奨励金について」をご覧ください。
【対象者】
(1)平成27年4月1日以降に本市に転入し、同居する配偶者を伴う人(夫婦一方が転入者であれば可)または家賃支援を受けている(受けた)人
(2)平成27年4月1日以降に新築契約を締結(建替えは除く)
(3)契約締結時点で、夫婦ともに40歳未満
【建物要件】
(1)住宅の延床面積50u以上240u以下
(2)併用住宅の場合、居住部分が1/2以上
【補助額】
(1)土地から取得 取得費用の1/10以下、最大100万円
 ※土地取得後2年以内に新築契約を締結した者
(2)建物のみ取得 取得費用の1/10以下、最大50万円
 ※中学生以下の扶養する子1人当たり10万円加算。最大50万円まで
【申請期限】入居日から90日以内
定住促進奨励金提携住宅ローン
 上記の奨励金の交付対象者は、市内金融機関による優遇金利の提携住宅ローンがご利用できます。詳しくは、各金融機関にお問い合わせください。
 提携先金融機関■山梨中央銀行・都留信用組合・山梨県民信用組合・山梨信用金庫・クレイン農業協同組合 ※市内金融機関が対象です。
PDFファイルはこちら
(bunjoyoukou.pdf: 145k)
(bunjoyouryou.pdf: 366k)
(mousikomisyo.pdf: 117k)
(haitizu.pdf: 77k)
(tyousyo0.pdf: 4478k)
本文終わり
ページのトップへ
まちづくり戦略課
〒403-8601 山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
Tel: 0555-22-1111  内線 295  Fax: 0555-22-0703
E-Mail: こちらから