各課について サイトマップ トップページへ
山梨県富士吉田市
Billingual
English
koreana
chinese
portugues
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
市の情報
行政情報
くらしの情報
防災情報
事業者向け
サイトの現在位置
トップくらしの情報保険・医療熱中症に注意しましょう
 
2018年7月23日 更新
印刷用ページを開く
熱中症に注意しましょう
 熱中症は例年、7月下旬から8月上旬にかけて梅雨明け頃に多発してます。熱中症の予防法と応急処置法を知り、家族みんなで夏を元気に過ごしましょう。
【 ご存じですか? 熱中症 】
 熱中症とは高温・多湿などの環境で体内の水分や塩分バランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、発症する障害の総称です。
 症状は筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気やだるさなどの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。
【 こんな日、こんな人は熱中症に注意 】
 熱中症は気温などの環境条件だけではなく、人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。気温がそれほど高くない日でも湿度が高い日、風が弱い日、急に暑くなった日など体が暑さに慣れていないときは注意が必要です。特に体調が悪い人、暑さに慣れていない人、高齢者や幼児は注意しましょう。

* 熱中症患者のおよそ半数は高齢者(65歳以上)です。温度に対する感覚が弱くなり、室内でも熱中症になることがあります。また、幼児は体温調節機能が十分に発達しておらず、晴れた日は地面に近いほど気温が高くなるため大人以上に暑い環境にいます。
【 熱中症を防ぐためには 】
(1)こまめに水分を補給しましょう
のどの渇きを感じなくても、こまめな水分補給を行なうことが大切です。外出や運動時はもちろん、入浴前後や寝る前・起床時なども意識して水分をとるようにしましょう。汗をかいた時は水分と塩分を含むスポーツドリンクを飲むことも有効です。
<注意>ビールなどのアルコールには水分を排泄する作用があるため、水分補給としては適当ではありません。

(2)暑さを避けましょう
外出時は日傘や帽子を利用したり、日陰を選んで歩くことを意識しましょう。屋外だけでなく、屋内でも熱中症になる場合があります。風通しを良くしたり、カーテンやすだれなどで直射日光が入るのを防ぎましょう。無理をせず、適度にエアコン(目安は28℃)や扇風機などを使用しましょう。

(3)服装を工夫しましょう
熱を吸収しやすい黒色の服は避け、通気性のよい素材の服や襟元をしめない汗や熱が逃げやすい服装を選びましょう。

(4)体調に注意しましょう
朝食や水分をとらずに暑いところで活動することは避けましょう。寝不足や風邪ぎみのときも無理は禁物です。
【 熱中症の症状が見られたら 】
<意識がない、もうろうとしている場合、自分で水分を飲めない場合>
  ⇒速やかに119番通報を行い、救急隊を要請しましょう。

<意識がある場合>

(1)涼しい場所への避難
風通しのよい日陰や冷房の効いている室内に移動し、足を高くして休みましょう。

(2)脱衣と冷却
衣服を緩めて、扇風機やうちわで扇ぐなど体からの熱を放散させましょう。(体に水をかけて扇いで冷やす方法もあります)
太い血管のあるわきの下や足の付け根、首すじなどに氷のうや保冷剤(冷たい缶ジュースなどでも代用可能)、冷たいタオルなどを当てて冷やしましょう。

(3)水分・塩分の補給
体の内部からも冷やすことができるよう、冷たい水を補給しましょう。大量の汗をかいた場合は塩分も適切に補える経口補水液やスポーツドリンクなどが最適です。

* 症状が回復しなければ、医療機関を受診しましょう。
【 熱中症予防声かけプロジェクト】
〜 富士吉田市はこのプロジェクトに参加しています 〜
 皆さんが少し意識を変えるだけで、熱中症被害は防げる。官民が共同で、熱中症予防を呼びかけていく国民運動、それが、「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」です。
本文終わり
ページのトップへ
健康長寿課 健康推進担当
〒403-8601 山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
Tel: 0555-22-1111  内線 637  Fax: 0555-22-0703
E-Mail: こちらから