各課について サイトマップ トップページへ
山梨県富士吉田市
Billingual
English
koreana
chinese
portugues
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
市の情報
行政情報
くらしの情報
防災情報
事業者向け
サイトの現在位置
トップくらしの情報ごみ・リサイクルみんなで節電!エコ富士吉田
 
2016年5月25日 更新
印刷用ページを開く
みんなで節電!エコ富士吉田
ご家庭で15〜20%電力削減をしましょう。
これから紹介することを実践した場合、1日1055Whの電力を抑えることができます。あくまでも一例ですが参考として掲載いたします。
 
   
  ○ やりがちな電力のムダ使い(待機電力の身近な例)

 ・ 電気ポットの電源を差しっぱなしにしている。
  ( 1リッターの水を6時間保温した場合、約300Wを消費。 )

 ・ テレビをつけっぱなしにしている。
  ( 1時間あたり、20型液晶テレビで40Wを消費。 )

 ・ パソコンの電源を入れっぱなしにしている。
  ( 1時間あたりデスクトップ型で85W、ノート型で15Wを消費。 )


 たとえば、以下の節電を行った場合
 ○ 電気ポットの保温をオフ ( 1時間に50Wとした場合 )
  50W × 6H = 300Whの節電。

 ○ テレビを時計代わりにせず、1日1時間見るのを控える。
  40W × 1H = 40Whの節電。

 ○ パソコンの使用を2時間控える。
  85W × 2H = 170Whの節電。

 ○ 冷蔵庫へ詰め込みすぎを止め、内容量の半分にすると20Wh、また冷蔵庫を壁から離して設置することで120Whの節電。

 ○ ( 自然乾燥なども利用し )ドライヤーの使用時間を5分減らすと100Whの節電。

 ○ ( 涼しい日など )エアコンの使用を1時間減らすと160Whの節電。

 ○ ( モップ掛け、ぞうきん掛けを増やし )掃除機の使用時間を10分減らすと145Whの節電。

   
 ◎ “ 小さなことでも一歩から ”身近な節電を始めましょう。


 家庭で行える節電方法について、参考となるホームページへは

 下記のバナーからアクセスできますので、節電へのご理解ご協力をよろしくお願いいたします。


【参考】

 JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター http://www.jccca.org/



家庭ですぐ出来る夏の節電
家庭ですぐ出来る節電21
本文終わり
ページのトップへ
環境政策課
〒403-0004 山梨県富士吉田市下吉田6-1-1
Tel: 0555-22-1111  内線 475  Fax: 0555-24-2235
E-Mail: こちらから