各課について サイトマップ トップページへ
山梨県富士吉田市
Billingual
English
chinese
koreana
portugues
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
市の情報
行政情報
くらしの情報
防災情報
事業者向け
サイトの現在位置
トップくらしの情報生活市営住宅の申込について
 
2016年11月22日 更新
印刷用ページを開く
市営住宅の申込について
市営住宅の申込資格・申込方法等についてのお知らせ!!
【市営住宅申込要領】
1.申込の資格
次の要件のすべてを備えている方に限ります。
 (1) 現に同居し、又は同居しようとする親族(婚姻の届出をしないが事実上婚姻関係と同様の事情にある方、その他の予約者を含む。
    以下同じ。)がいること。
    また、60歳以上の方、あるいは障害者で4級以上の方、生活保護を受けている方は一人でも入居できますが、対象住宅は55u
    以下(2DK程度)の住宅となります。
 (2)入居者の収入(下記所得基準参考)が@からDに掲げる場合の区分に応じ、それぞれ@からDに定める金額を超えないこと。
   @ 入居者又は同居者にアからオまでのいずれかに該当する方がいる場合・・・214,000円
    ア 障害者基本法第2条第1号に規定する障害者でその障害の程度が規則で定める程度であるもの。
      ※障害者手帳
    イ 戦傷病者特別援護法第2条第1項に規定する戦傷病者でその障害の程度が規則で定める程度であるもの。
      ※戦傷病者手帳
    ウ 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律の規定による厚生労働大臣の認定を受けている方。
      ※被爆者健康手帳
    エ 海外からの引揚者で本邦に引き揚げた日から起算して5年を経過していない方。
    オ ハンセン病療養所入居者等に対する補償金の支給等に関する法律第2条に規定するハンセン病療養所入居者等。
   A 入居者が60歳以上の方であり、かつ、同居者のいずれもが60歳以上又は18歳未満の方である場合・・・214,000円
   B 同居者に小学校就学始期に達するまでの方がいる場合・・・214,000円
   C 災害により滅失した住宅に居住していた方が、法第8条第1項若しくは第3項若しくは激甚災害に対処するための特別の財政援助
     等に関する法律第22条第1項にの規定による国の補助に係る市営住宅又は法第8条第1項各号のいずれかに該当する場合において
     市が災害により滅失した住宅に居住していた低額所得者に転貸するため借り上げる市営住宅に入居する場合・・・214,000円
     (当該災害の発生の日から3年を経過した後にあっては158,000円)
 (3) 現に住宅に困窮していることが明らかであること。
 (4) 市町村税を滞納していない者であること。
 (5) 入居者又は現に同居し、若しくは同居しようとする親族が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する
    暴力団員でないこと。
 (6) 現在、公営住宅に入居していないこと。
 (7) 連帯保証人をたてられること。
2.連帯保証人の要件
■連帯保証人の要件
 (1) 山梨県内に住所を有している者。(または日本国内に住所を有する2親等以内の親族※1)
 (2) 独立の生計を営む者であること。
 (3) 条例第8条第2項に規定する入居決定者と同程度以上の収入を有する者で、当該入居決定者の家賃その他当該市営住宅に係る債務を
    保証する能力を有していること。
 (4) 公営住宅法第2条第2項に規定する公営住宅に入居していない者であること。
 (5) 市町村税に滞納がない者であること。

★注:申込者が外国籍の方については、永住権(特別永住権)を取得している方、または外国人登録法第4条第1項の規定により登録し、
かつ1年以上富士吉田市に在住実績があり、賃貸借契約の内容が理解できる方に限ります。
※1・・・申込者の祖父・祖母・両親・兄弟・姉妹・子・孫にあたる人が2親等以内の親族となります。
3.申込みの方法
下記必要書類をそろえて建築住宅課へ提出して下さい。
 (1) 富士吉田市営住宅入居申込書(下記PDFより取得できます。または建築住宅課に用意しています。)
 (2) 課税証明書(非課税証明書)(前年の所得を証明する書類)(17歳以上の世帯員及び連帯保証人)
    〔会社員の方は、給与証明書(源泉徴収票を添付)又は給与見込証明書を、自営業者の方は、所得申告書の証明書を添付
    でも可。
    ※申込世帯の中で17歳以上の世帯員がいる場合は、それぞれに課税証明書(非課税証明書)を提出すること。
 (3) 完納証明書(過去から現在まで税金の滞納がないという証明書)(所得のある世帯員及び連帯保証人)
    ※市内在住の方は、富士吉田市役所税務課証明窓口で発行しています。
     他市区町村在住の方は、完納証明書に準ずる証明書(ない場合は、納税証明書でも可)
 (4) 申込世帯の住民票謄本、婚約中の方は双方の住民票抄本(本籍地・続柄が記載されているもの)※マイナンバーは不要です。
    外国籍の方は外国人登録済証明書が必要になります。
 (5) 婚約している場合は、婚約承諾書(下記PDFより取得できます。)
 (6) 入居収入基準が緩和されることとなる場合にはそれを証明する書類
 (7) その他市長が必要と認める書類
   ※連帯保証人が日本国内かつ2親等以内の親族の方については、上記のほかに連帯保証人との続柄が分かる下記書類が必要となりま
    す。
   ・連帯保証人と申込者の関係が分かる、戸籍謄本または改製原戸籍

  ※ 申込みの有効期間は受付をしてから1年です。
    一年を経過しますと申込みは無効となり、引き続き申込む場合は、再度申込みが必要となります。
【参考】◎入居資格収入及び所得基準
 ○給与所得者の場合(年収)
  《給与所得者が一人の場合の世帯の人数による年収》 
  ・単身世帯   2,968,000円未満
  ・2人世帯   3,512,000円未満
  ・3人世帯   3,996,000円未満
  ・4人世帯   4,472,000円未満
  ・5人世帯   4,948,000円未満

 ○自営業者の場合(所得)
  《自営業者の場合の世帯の人数による年所得》
  ・単身世帯   1,896,000円以下
  ・2人世帯   2,276,000円以下
  ・3人世帯   2,656,000円以下
  ・4人世帯   3,036,000円以下
  ・5人世帯   3,416,000円以下
収入基準を超えている方はこちら
(annaizu.pdf: 235k)
(mousikomiyouryou_sieijuutaku.pdf: 290k)
申込資格・連帯保証人資格・必要書類等
(mousikomisho.pdf: 114k)
市営住宅の申込書
(mousikomisho_kisairei.pdf: 152k)
申込書の記載例
(bourokudanseiyakusho.pdf: 82k)
(kyuuyomikomi.pdf: 33k)
申込をする年に就職・転職をした場合、または申込時に就職先が内定している場合に勤務先に証明してもらう書類になります。
(konyaku.pdf: 48k)
申込時に婚約状態であり、入籍をしていない方はこちらの書類を提出してください。
(taishoku.pdf: 47k)
申込時に前年までに勤務していた勤務先より退職している場合かつ、再就職(予定)もない場合に提出する書類です。
(taishokuyotei.pdf: 48k)
申込時は働いているが、結婚・定年等の理由により、退職が決まっている場合に提出する書類です。
本文終わり
ページのトップへ
建築住宅課
〒403-8601 山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
Tel: 0555-22-1111  内線 291  Fax: 0555-22-0703
E-Mail: こちらから