各課について サイトマップ トップページへ
山梨県富士吉田市
Billingual
English
koreana
chinese
portugues
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
市の情報
行政情報
くらしの情報
防災情報
事業者向け
サイトの現在位置
トップ市の情報富士吉田市紹介富士吉田市名誉市民川合 信水(かわいしんすい)氏
前のページへ 
2012年11月5日 更新
印刷用ページを開く
川合 信水(かわいしんすい)氏
プロフィール
本籍地     山梨県富士吉田市下吉田6802番地
住 所     同上
氏  名     川合 信水氏
生年月日   慶応3年11月17日
没年月日   昭和37年7月3日 96才

名誉市民   昭和34年12月23日
略歴・業績
 川合信水氏は、慶応3年(1867年)11月17日、父川合立(はる)玄(つね)(旧長州藩士)、母つねの長男として、現山梨県南都留郡西桂町小沼に生まれる。父は、医業を開業しており県下に名医として知られた。
 明治初年、小学校令が発令されるや、いち早く学び始め、岳麓において秀才として知られ、長じて青年活動に情熱を注いだが、23歳のころ、母をはじめ弟妹四人を一度に失い、心機一転キリストの教えに救われ、谷村教会の最初の信者となった。
 その後、信仰に確信を求めて東北学院長押川(おしかわ)方(まさ)義(よし)師に学び、その人物を認められ28歳で東北学院労働会の塾長となった。
 明治32年(1899年)、32歳のとき斉藤ちよと婚姻。38歳にして前橋市共愛女学校の校長となる。
 明治42年、42歳で京都府綾部市の郡是製糸株式会社(現・グンゼ株式会社)の招きで教育総理となり、労使問題について宗教的解決を教え、修養と勤労との一致による理想的経営を作り上げた。また、貞明皇后の行啓もあらせられた。
 大正11年(1922年)、世界労働会議日本代表に選ばれるが、健康がすぐれず辞退。
 昭和2年(1927年)、「基督心宗」を開宗し、その伝道は広く世に及び、多数の信者を世に送った。
 終戦中、高弟の近衛内閣閣僚安井英二氏の紹介により近衛公に会い、日本の窮状について種々献策した。
 その後、昭和31年(1956年)、ちよ夫人と死別し、生涯修行を止むことなく、郡是製糸株式会社退職後は、不二山荘に居をおいて、日々多くの来訪者を指導し、また、各地を訪れて伝道し、著述にも力を尽くした。
また、日常生活も規律正しく、起床から就寝まで執筆、講話等に専念し、一刻の休みなく人類の幸福のため日夜精励して、96歳で一生を終えられた。
本文終わり
前のページへ ページのトップへ
秘書課
〒403-8601 山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
Tel: 0555-22-1111  内線 211  Fax: 0555-22-0703
E-Mail: こちらから